筋トレ後に眠くなる原因は?理由と対策について

筋トレ後に眠くなる原因は?理由と対策について

普段から筋トレを行っている方の中には、筋トレ中や直後、翌日にかけて猛烈な眠気に襲われるというお悩みをお持ちの方は少なくありません。

毎回眠くなってしまうようでは、仕事や学業にも支障を来してしますかもしれません。

それでは、なぜ私たちの体は筋トレをすると眠気を感じてしまうのでしょうか?

今回は筋トレをして眠くなる理由やその際の対策について解説していきます。

筋トレで眠くなる3つの原因

筋トレで眠くなる3つの原因

筋トレを行うと私たちの体の中では様々な変化が起こります。

筋トレをしたときの眠気には、そんな変化が引き起こす以下のようなことが原因となっていると考えられています。

1.副交感神経が活発になる

人間には、交感神経と副交感神経の2つの自律神経が備わっており、この2つの自律神経がバランスを取り、身体組織の活動をコントロールして健康を維持しています。

この2つの内、副交感神経が優位になったときに人間は眠気を感じます。この副交感神経は休息してリラックスしているときに優位になります。

筋トレを行っているときには、交感神経が優位にあるのですが、筋トレを終えて、クールダウンをするのに伴い、交感神経から副交感神経にシフトします。

したがって、この自律神経のバランスの変化がトレーニング後の眠気に繋がると言われています。

2.血糖値の低下

私たちの体は、食事などから摂取した糖質を分解して、グリコーゲンとして体内に蓄積します。このグリコーゲンは、筋トレなどで筋肉を動かす際のエネルギー源となり、筋トレを行えばその分、蓄積されたグリコーゲンが消費されます。

したがって、ハードなトレーニングをこなすほど、体内の血糖値が低下していくのです。

糖質の一部であるブドウ糖は、脳の働きのエネルギー源となりますので、血糖値が低下することで、脳の働きが鈍化して強い眠気に繋がるとされています。

3.成長ホルモンの分泌

筋トレにより血中の乳酸濃度が高まると、成長ホルモンの分泌が促進されます。成長ホルモンは筋繊維の修復や身体組織の回復にも関わっていますが、同時に、睡眠中に分泌がピークを迎え、より深い睡眠を誘発する効果を持っています。

したがって、トレーニング後の成長ホルモンの分泌により眠気を感じることがあるのです。

4.体温の低下

夜に眠るときに体温が低下するように、体温の低下は睡眠と深く関わっています。

筋トレ中は血流も良くなり、体温が上昇するのですが、筋トレ後は汗をかくことで体温が急激に低下します。

この体温の低下により眠気が襲ってくるのです。

筋トレ後に眠気を感じたらすぐに眠ってしまっても良い?

筋トレ後に眠気を感じたらすぐに眠ってしまっても良い?

筋トレ後の眠気にはトレーニングで起こる体内の様々な変化が原因となっていることがわかりました。それでは、筋トレ後に眠気を感じたら眠ってしまっても良いのでしょうか?

結論から言うと、素直に眠気に従い睡眠を取っても問題はありません。

ただし、ハードなトレーニングを行った場合、低血糖状態になっていることがありますので、糖質を摂取しておくことをおすすめします。また同時にタンパク質などで損傷した筋肉の回復をフォローしてあげるようにしましょう。

また、睡眠を十分に取る時間がない場合は、30分程度の仮眠を取るのも良いでしょう。

もしも仕事や学校の授業などスケジュールの関係で、仮眠を取る時間がない場合は、カフェインや眠気覚ましドリンクなどを活用するのも一つの選択肢ですし、血糖値を下げないためにトレーニング直後にチョコやサプリメントなどで、糖分を摂取しておくのも良いでしょう。

筋トレ後の睡魔は事前に対策できる?

筋トレ後の睡魔は事前に対策できる?

筋トレ後の眠気は理にかなっているもので、人体の構造上、仕方がないことです。とはいえ、睡魔が来てしまってから対策するより事前に対策できるのであればその方が良いですよね。

以下の3つの方法が筋トレ前の対策として考えられます。

1.軽めの筋トレに留める

後ろに予定がある時の筋トレは軽めのメニューに留めて、疲労を残さないようにしましょう。

腹筋や腕立て伏せ、スクワットなど自重で行える種目などをメインに取り組むのが良いかもしれません。

眠気の度合いにもよりますが、マシンやバーベルを使って追い込むような筋トレは、トレーニング後に予定がないときに取り組むことをおすすめします。

2.カフェインを摂取しておく

カフェインは眠気を取り除いてくれるだけでなく、運動時のパフォーマンスアップにも役立ちます。

筋トレ前のカフェインの摂取は、最大心拍数を高める・酸素摂取量の増加・疲労を感じづらくなるなどのメリットがあることが分かっています。

また、カフェインのデメリットである利尿作用も、トレーニング中にしっかり水分補給を行うことで打ち消すことができると言われています。

3.軽食を取り糖質を摂取しておく

先ほどは、筋トレ後の血糖値低下も眠気の原因となってしまうことをご紹介しました。

ハードな筋トレを行わずとも、トレーニング中はエネルギーが消費されてしまいます。したがって、筋トレ前には糖質を摂取しておくことをおすすめします。

ただし、筋トレ前に重めの食事を取ると、運動パフォーマンスも低下してしまいますし、満腹感により副交感神経が優位になり結果として眠気に繋がることも考えられます。

バナナやおにぎり1個程度の軽食に留めておきましょう。もしくはサプリメントなどの活用も検討してみても良いかもしれません。

まとめ

今回は筋トレをする方の良くあるお悩みである、トレーニング後の眠気について、その理由と対策をご紹介しました。

筋トレ後に眠気を感じてしまうのは私たちの体の構造上、自然の反応です。トレーニング後に何か大事な予定がある場合は、極力トレーニングの実施を避けるか、軽めのメニューに留めておくのが良いかもしれません。

また糖質やカフェインの摂取なども行ってみてご自身の身体に適した対策を模索してみてくださいね。